賢い不動産の買い方 6.重要事項説明と売買契約

賢い不動産の買い方  
6.重要事項説明と契約
 
契約に先立ち、購入物件に関する「重要事項説明」を受けます。
説明は宅地建物取引主任者が、資格証書を提示して行います。
重要事項説明の項目は、
【物権に関する事項】としては、‥亠簿上の権利∨[瓩砲發箸鼎制限私道に関する負担ぐ用水・電気・ガス等の供給施設、排水施設の整備状況ヌご粟物件の場合、完成時の形状等。

【取引に関する事項】としては、‖絛癲Ω魎杭攻皸奮阿房受される金銭の額及び目的、契約の解除に関する時効B山嫁綵額の予定又は違約金に関する事項ぜ衂婉眦の保全措置の概要セ拱Ф癲⇒造蟠發鮗領する場合の保全措置の内容Ε蹇璽鵑里△辰擦鵑瞭睛撞擇咼蹇璽麌埓立の場合の措置等です。

その不動産を購入するかどうか、最後の決断をするのが、この重要事項説明のときなので、くれぐれも慎重に。
重要事項の説明を受け理解したうえで、契約書の説明を聞き、納得したら契約書に署名・捺印し、売買契約は成立。速やかに、手付金(物件価格の1〜2割)を支払います。手付金は法的には、これを放棄すればこの契約を解除することができるという性質をもった大切なものです。なので、手付金を支払ったら安易にキャンセルはできないことを肝に銘じておきましょう。
 
アライブからのアドバイス
 
重要事項説明の内容について必要に応じて調査を行います。
契約の内容について購入者の不利になる項目が無いか、ローン特約、買い替え特約など必要に応じた項目に抜けがないかなどのチェックを行います。
 
お問い合わせはこちらまで


      5.購入申し込み BACK   NEXT 7.ローン申し込み

HOME

 
ボットからトラックバックURLを保護しています